沿革」カテゴリーアーカイブ

学会のあらまし

日本生活指導学会は、1983年12月25日に発足し、教育方法学、社会教育、幼児教育、教育社会学などの教育学諸分野、臨床心理学、発達心理学などの心理学諸分野、看護学・医学、保健・体育学、社会福祉学・司法福祉、哲学・倫理学などの多様な分野の会員が約300名参加する学際的な学会です。

その活動は、年1回の大会、様々なテーマで開かれる研究会、研究誌『生活指導研究』(年1回)の発行、共同調査活動、学会通信(年3~4回で学術討論を中心とする)の発行など、旺盛に展開されています。

なお、日本学術会議に登録された学術研究団体(関連研究連絡委員会―教育学、社会福祉・社会保障)となっています。

また、本学会の欧文名は、The Japanese Association for the Study of Guidanceです。