これまでの大会」カテゴリーアーカイブ

第31回大会以降

* 第31回(2013年9月 和歌山)

全体会「現代の生活世界のあり方を問い直す―生活世界の変容と生活指導実践」

課題研究「『いじめ問題』と生活指導上の実践的課題」「原発事故後の知と学び」

「青年期生活指導実践―他者と共に生きることの学び」「困難な課題を抱える若者の自立支援」

 

  • 第32回(2014年8月 沖縄)

全体会「変容する〈生活〉の実相をみつめる―歴史的転換期における『生活変容』への生活指導論アプローチの試み」

課題研究「青年期生活指導実践―他者と共に生きることの学び」

「子どもの生活世界と生活指導―『自己形成』の基盤の回復への支援をどうすすめるか」

「地方に生きる若者のリスク―貧困・暴力・地域からのサンクション」

「困難な課題を抱える少年の自立支援指導にかかる少年鑑別所と児童自立支援施設との連携  の在り方について―少年鑑別所における新たな試み」

 

* 第33回(2015年9月 岡山)

全体会「青年期における『自己形成』と自立支援」

課題研究「生活指導実践と道徳教育のあり方を問う」

「被虐待体験を有する非行少年の自立支援」

「排除型社会における地域生活指導と教育」

「性的マイノリティの子ども・若者の生きづらさと『多様な性』の学習の意義」

* 第34回(2016年9月 北海道)
* 第35回(2017年9月 山梨)
* 第36回(2018年9月 愛知)

第21回~第30回大会

* 第21回(2003年8月 京都)

全体会「『新しい公共性』と生活指導の課題」

課題研究「事件の中の子ども」「平和と『心の教育』を考える」「地域の中の子ども・青年・おとな」

「生活指導専門職の実務教育と専門性」

 

  • 第22回(2004年9月 名古屋)

全体会「生活指導研究の課題とその方向性―『生活指導事典』編集に向けて」

課題研究「<ケア>の方法論的研究」「『親密圏』と暴力」「生活指導における反省とつぐない」

「若者・ボランティア・教育」

 

 

  • 第23回(2005年9月 福島)

全体会「人間関係の危機と生活指導」

課題研究「児童養護・自立支援施設における生活指導」「若年労働市場の変容と若者の働き方」

「矯正教育における生活指導」「学びをめぐる課題」

 

* 第24回(2006年9月 大阪)

全体会「子どもの<安全、安心、安定>を考える」

課題研究「若者論・ニート・フリーター」「生活指導におけるケアと自己決定」

「市民形成と自治活動・集団論」「矯正教育」

 

* 第25回(2007年9月 札幌)

全体会「社会的に排除された若者の自立支援と生活指導」

課題研究「人権侵害における加害と被害」「ケアと自己決定」「いじめ・暴力と生活指導」

「対人援助の専門性」

 

* 第26回(2008年9月 福岡)

全体会「生活指導研究におけるナラティヴ・アプローチ」

課題研究「生活指導の専門職の育成」「親(保護者)とかかわる」

「深刻な課題を抱える少年に対する生活指導実践」「働くことと若者の自立支援」

 

  • 第27回(2009年9月 千葉)
  • 全体会「反『貧困』の生活指導」

課題研究「中学生の自立支援と関係諸機関との協同」「身体性と生活指導」

「スクールソーシャルワークと生活指導」「多文化社会と生活指導」

 

* 第28回(2010年9月 名古屋)

全体会「生活指導分野の専門職の専門性について」

課題研究「貧困と困難を重複的に抱える若者の自主支援」「人間関係と貧困」

フォーラム「2010年代の生活指導と生活指導研究」

 

* 第29回(2011年9月 金沢)

全体会「生活指導と発達支援-developmentの概念に着目して」

課題研究「困難な課題を有する子ども・若者への関わりにおける保護者支援の在り方」

「生活指導実践者の協働」「若者の移行支援―移行コミュニティの可能性」

「生活指導研究の方法論」

 

* 第30回(2012年9月 京都)

全体会「生活指導研究のこれまでとこれから」

課題研究「今日における生活指導実践主体の問題」「高大接続の観点からキャリア教育を検討する」

「困難な課題を抱える若者の自立支援―施設退所後の社会的自立に向けての『移行支援』の問題に視点をあてて」「東日本大震災と子ども・若者の現状と生活指導」

第11回~第20回大会

* 第11回(1993年9月 東京)

全体会・分散会討論「生活指導における重要概念を考える―差異と平等」

研究計画の交流―アンケート結果をめぐって

課題研究「不登校・登校拒否問題と学校改革」「からだと心のふれあい」「現代家族における父親」

「子どもの学校参加」「生活指導における生と死―死の準備教育」「休む」

 

* 第12回(1994年9月 広島)

全体会・分散会討論「男女共同参加型社会と家族」

特設分科会「教科外活動を創る」

課題研究「地域における人間福祉ネットワーキング」「現代家族における父親」

「生活知・民衆知と生活指導」「子どもの居場所としての保健室」「子どもの学校参加」

「登校拒否問題と親」「生活様式としての文化」

 

* 第13回(1995年9月 埼玉)

全体会「『いじめ』をどう克服するか」

特設分科会「教科外括動を創る」

課題研究「教科外活動・生活指導を創る」「中年とはどういうときか―愛する・学ぶ・働く・休む」

「子どもの学校参加―授業と自治」「学校5日制と地域生活指導」「教師とカウンセリング」

 

* 第14回(1996年9月 沖縄)

全体会「転換期の生活指導を問う」

市民講座「登校拒否・不登校とむきあう」

課題研究「福祉と生活指導」「学校5日制と教科外教育」「生活指導実践主体となりゆく」

「参加と学びの変容」「家族と生活指導」「沖縄における地域文化協同」

 

* 第15回(1997年9月 福島)

全体会「しごとづくり―くらしづくり―地域づくり」

課題研究「生活指導の基本概念の『歴史と今後』『自治』をめぐって」

「家族と生活指導―家族生活指導の視座を求めて」「リアリティーの変容と生き方の問題」

「生活指導実践主体の形成」「現代社会といじめ問題」「教育課程の再編と生活指導」

 

* 第16回(1998年9月 和歌山)

全体会「市場化の中の生活指導」

課題研究「リアリティの変容と生き方の問題」「地域子育てネットワークづくりの今日的課題」

「生活指導とエンパワーメント」「和歌山における教育・福祉・文化の協同」

「子どもの現代(いま)を解読する」「家族と生活指導」

 

* 第17回(1999年8月 埼玉)

全体会「看る(診る)・育てる(教える)・信ずる(判る)」

現地企画「学校をひらく・学校をつくる」

課題研究「子どもの〈いま〉を解読する(その2)」「生活指導とエンパワーメント」

「学校と専門機関等の連携・協力(ケーススタディ)」「リアリティの変容と生き方の問題」

「生活指導とジェンダー」

 

* 第18回(2000年8月 愛知)

全体会「生活指導実践を読む」

課題研究「『学級崩壊』を考える―子どもと学校の関係を問う」「学びとエンパワメント」

「生活指導における連携・ネットワーク」「ジェンダー・アイデンティティ・生活指導」

「いま、乳幼児教育に問われているもの」「かかわること」

 

* 第19回(2001年8月 宮崎)

全体会「『暴力の文化』と『平和の文化』」

課題研究「乳幼児期の『人とのかかわり』―小学校生活を見通して」「実習指導と生活指導との関連」

「生活指導のネットワーク―矯正教育(少年院)における生活指導に学び、考える」

「ジェンダーと生活指導」

 

* 第20回(2002年8月 横浜)

全体会「暴力を越えて平和と共生へ」

学会創設20周年記念集会「日本生活指導学会の20年…生活指導の学際的研究を求めて」

課題研究「少年院における生活指導」「実習指導と生活指導」「文化的多様性と生活指導」

「地域生活指導とネットワーク」

第1回~第10回大会

* 第1回(1983年12月 浦和)

シンポジウム「現代における生活指導研究の課題」

分科会「地域社会と生活指導」「生活指導史研究」「授業と生活指導」

 

* 第2回(1984年8月 名古屋)

シンポジウム「生活指導にとって生活とは何か」

分科会「地域社会と生活指導、成人を対象にして」「地域の子どもたちをめぐる生活指導」

「乳幼児期の生活指尊」「生活指導における関係諸機関の相互協力のあり方」

「集団の崩壊と発達上の問題をもつ子どものケーススタディ」「知的訓練と道徳教育」

 

* 第3回(1985年8月 千葉)

発題講演「今日における生活指導研究をめぐって」

課題分科会「集団の崩壊と発達上の問題をもつ子どものケーススタディ」

「個人の健康問題と学校生活―身体の場合、心の場合」「乳幼児期の生活指導」

「家族間題と生活指導、生活指導の社会的基底」「高齢者の指導と自己指導」

「生活指導における関係諸機関の相互協力のあり方」

 

* 第4回(1986年8月 京都)

発題講演と分散会討論「生活指導におけるかかわり方の性質について」

課題分科会「地域と生活指導」「乳幼児期の生活指導―生活の変化と乳幼児の生活指導」

「生活指導と懲戒」「生活指導における関係諸機関の相互協力のあり方」

「生活指導における生活概念の検討―生活のはり・生きがいなどにかかわって」

 

* 第5回(1987年8月 東京)

発題講演と分散会討論「生活指導の主体形成とすじ道について」

課題分科会「生活指導と懲戒」「障害や疾病をもつ人の生活指導―難病者の地域生活支援の連携」

「名古屋市南部における地域生活指導」「児童福祉における生活指導」「乳幼児の生活指導」

「発達上の問題をもつ思春期の子どものケーススタディ」

 

* 第6回(1988年8月 名古屋)

現地特別企画「地域生活指導運動―名古屋共同調査を通して」

新企画・分散会討論「生活の社会化と生活指導の課題」

課題分科会「『人間的自立』と生活指導」「生活指導と懲戒」「児童福祉における生活指導(その2)」

「『生』と『死』をめぐっての生活指導」

 

* 第7回(1989年9月 東京)

全体会・分散会討論「援助専門職は『生活』にどうかかわっているのか―その構図」

課題研究「生活指導と懲戒」「学校の福祉的機能」「学校数育と生活指導」「人間的自立と生活指導」

「『生』と『死』をめぐっての生活指導―死に向かう人とのかかわりを通して」

「地域生活指導運動―地域生活と主体形成」

 

* 第8回(1990年9月 大阪)

全体会・分散会討論「現代社会と家族」

研究活動についてのフリートーキング

課題研究「生活指導実践主体の成長」「病弱児の療養生活と教育」「現代の子どもと地域生活指導」

「子どもの権利(人権)と生活指導」「『生』と『愛』と『性』と」「登校拒否問題」

 

* 第9回(1991年8月 東京)

全体会・分散会討論「現代社会と家族・その2―現代核家族の危機と子育て」

課題研究「生活主体をどう支援するか」「学校教育と生活指導―登校拒否問題を手がかりに」

「教職科目の『生活指導』『特別活動』関連科目で何をどのように教えるか」

「子どもの人権・権利と生活指導―子どもの意見表明権と教師の指導―校則問題を中心に」

「現代子ども問題と地域生活指導―社会福祉からの問題提起」「からだとこころ」

 

* 第10回(1992年9月 名古屋)

全体会・分散会討論「再び『生活指導』とは何かを問う―生活指導の過去・現在・未来」

課題研究「生活指導と管理」「現代家族における父親―その位置・役割」

「生活指導と階層―階層の視点は実践に何をきりひらくか」

「からだとこころ―触れることの意味」「生活指導における生と死」

「休む・働く・学ぶ―週休2日制・学校5日制を迎える生活指導の課題を探る」